skip to Main Content
プログラミング言語 NASA-JPL, SpaceX, Tesla

プログラミング言語 NASA-JPL, SpaceX, Tesla

2021年、NASA-JPLの火星探知機が話題になっています。

将来、NASA-JPLやSpaceXで働きたいと思ったので、調べてみました。

https://boards.greenhouse.io/spacex/jobs/4867821002?gh_jid=4867821002

ここに、大学生の 2021年夏 インターンシップの募集内容がありました。

条件は次のようでした。

ー 4年生大学の学生であること

ー GPAが3.5以上(Aが4,Bが3で計算する成績)

ー アメリカ人であること

アメリカ人でないとインターンシップができないようです。

応募用紙には、大学名を選ぶところがあるのですが、日本の「Tokyo」(東大)や「Keio」(慶應)も選べるようになっていました。

働く場所は、フロリダ、カリフォルニア、テキサス、ワシントンから選べるようです。

NASA-JPLやSpaceXは、アメリカ人が条件となりますが、テスラは日本人でも大丈夫なようです。

https://www.tesla.com/careers/search/job/software-factory-firmware-integration-engineering-internship-fall-2021-80356

これはテスラのファームウェアチームでソフトウェア開発を行う仕事のようです。

“Python”プログラミング言語が出来ることと条件にかかれているので、テスラは”Python”で動いているのかもしれません。

SpaceXは、ソフトウェアエンジニアの募集に C++ができることと書かれているのがあるので、ロケットはC++で動いているのかもしれません。

NASA-JPLは、スキルの要件にPython, MySQL, PostgreSQLと書かれているのでプログラミング言語はPython, データベースはMySQL, PostgreSQLといったもので動いているのかもしれません。FlightSoftware EngineerIVの募集条件には、最低4年間の C,C++, Pythonのプログラミング経験が必要とかかれています。

どのプログラミング言語を勉強するかというときに、将来働きたい会社がどのプログラミング言語を使っているか調べてみると面白いと思います。

Back To Top
×Close search
Search